明石市の保育施設

人口増加に伴い、出生率も高まってきた明石市🌿
こちらでは、明石市の認可保育園についてご紹介いたします。

明石市の認可保育園

共働き世帯や、家には居るけど病気等で十分な保育を家庭でしてあげられない、という場合に
保護者の方に代わって保育をする認可保育施設として、
明石市には保育所(園)・認定こども園・小規模保育事業所があります。


保育所(園)・・

保護者や同居の親族の勤労・病気などにより
家庭で保育を受けることができない、小学校に入学するまでの児童を保育する児童福祉施設。


認定こども園・・

幼稚園と保育所の機能や特徴をあわせ持ち、地域の子育て支援も行う施設。
        
保護者の就労状況に関わりなく、どのお子さんも教育・保育を一緒に受けることができ、
保護者が仕事を辞めた時など、就労状況が変わった場合も、
通い慣れた園を継続して利用できる(3歳児〜5歳児のみ)
        
子育て支援の場が用意されており、園に通っていないお子様のご家庭も、
子育て相談や親子の交流の場などに参加できる。


地域型保育、
小規模保育事業所・・

地域型保育とは、原則19人以下の単位で、保護者が就労などのため
保育を必要とする子どもを保護者の方に代わって保育する事業。

原則、3号認定を受けた乳幼児(0~2歳児)が対象。

(3号認定とは、子どもの年齢が0歳~3歳で保育に必要な事由
(保護者の就労、妊娠、出産、疾病、障害など)に該当する場合に、
保育標準時間(原則11時間以内)や保育短時間(原則8時間以内)で通園する際になるもの)

その中でも小規模保育事業所では、
少人数(定員6~19人)を対象に、家庭的保育に近い雰囲気のもときめ細かな保育を行う。
なお、3歳クラスに進級する際は、連携施設に優先的に入所することができる。


認可保育施設の一覧になりますので、気になる方は
下記リンクよりお進みください♪


2021年度明石市認可保育施設一覧表(PDF:214KB(PDF:224KB)
*市内の認可保育施設をまとめた一覧表です。開所時間・受入可能月数などを一目で見比べることができます。

2021年度明石市にんか保育施設の地図(PDF:236KB)
*それぞれの施設の所在が一目で分かる略地図です。

2021年度保育施設入園時等必要費用一覧(PDF:844KB)
*明石市内の各認可保育施設における指定用品等についてまとめたものです。


引用&リンク先:明石市HP


「保育時間」と「延長保育」

保護者の方の状況により、保育標準時間(最大11時間)または保育短時間(最大8時間)に認定されます。

その時間を超えて利用する場合は、利用施設に延長保育の利用を申請する必要があります。

※どちらも最大の保育時間を保育するという訳ではなく、
実際の保育時間は保護者の方のお仕事の勤務時間等を考慮して、調整・決定されます。
「保育を必要とする時間」のみ保護者の方に代わり、児童を保育する施設なので、
私用での保育はしてもらえません。


開所時間が7時から19時までの施設で延長保育を利用する場合の例です。

*保育標準時間
7:00〜18:00(標準時間の11時間)+
18:00〜19:00(延長保育A

*保育短時間
7:00〜8:30(延長保育B
8:30〜16:30(短時間の8時間)+
16:30〜18:00(延長保育B)+
18:00〜19:00(延長保育A


延長保育A、Bともに別途延長保育料が発生します。
Aは月額最大3,000円、Bは標準時間と短時間の差額分(月額最大1,000円)です。
延長保育料は月額制で、日割り計算はされません。
※延長保育の利用は、事前に各施設に申請し、施設長の承認を受けることが必要です。

 
この他にも、児童の負担を減らす為のならし保育や、
保育施設に通っていない児童とも遊べるように園庭解放を実施したりしてますので、
詳細は明石市のHPをご覧ください^^